シノハラステージング『大怪獣物語』台本
5fc47c0bb00aa32590002983

シノハラステージング『大怪獣物語』台本

¥1,500 税込

送料についてはこちら

愛は、東京を火の海にする。 原発の安全神話は再び蘇ったある日、突如として原発は大爆発を起こした。しかし不思議なことに、周辺一帯から放射能は一切検出されなかった。 調査に乗り出した自衛隊の特殊機関であるSPAC(科学特殊攻撃隊)の目の前に現れたのは巨大怪獣だった。その巨悪に立ち向かうべく総攻撃をかけるその瞬間。 司令長官は攻撃中止命令を下す。 「俺は、あの目を何処かで見たことがある……」 初演時の1994年にはまだ安全神話が崩れることなく存在していたが、どう考えても危険だと気付き作品化するも、荒唐無稽な話だと(怪獣が出てくる時点で荒唐無稽ですが)揶揄されながらも、2011年の原発崩壊後、強く再演を望まれた。 もしも経済的援助があれば、オフオフブロードウェイで上演したいと熱望している作品である。 登場人物は12名ですが、メインキャストは9名。 冒頭の原発崩壊シーンはメインキャストが兼任してもいいし、端役として登場させてもいいと思います。 著者:篠原明夫 判型:A4 本文:90ページ